中古品購入のデメリット

傷や汚れがないのかを見てから購入する

中古のiphoneを購入する時には、注意する部分がいくつかあります。その1つが傷や汚れがたまにあるという事です。中古品は誰かが使ったものであり、長く愛用していた場合もあります。つまり、本体によっては傷や汚れが付いている場合もあり、見た目があまり良くない中古品もあります。それらを購入すると、傷や汚れが気になって気分良く使用することが出来ない状態になるので、中古品を購入する時には、傷や汚れをチェックしてから購入する商品を選ぶ事が必要ですよね。

店舗で販売している中古品を購入する場合は、肉眼で詳しくチェックすることが可能なので、間違って傷があるものを購入するリスクは低いです。しかし、ネットで購入する場合は、写真を詳しく見たり、販売している業者などに確認してから購入することが大事です。

比較的新しい中古品を購入する事

iphoneの中古品を購入する時には、比較的新しいものを購入することが大事です。中古品の中には、当然古いものも多くあります。3年以上前のiphoneを販売している事もあります。古いもの程、価格が低くなっているので安く購入出来るメリットがあります。しかし、古い機種は、不具合を起こしている可能性も否定は出来ないですよね。一応、問題なく使用できるけど、たまに動作が遅くなったり、勝手に電源がオフになるなどちょっとした問題が発生することもあります。

そこで、中古品でもなるべく新しいものを購入します。1年以内のものだと、正常に動作する可能性が高く、新品と大差ないことも多いです。価格で決めるのではなくて、長く愛用出来るものを選択することが大事です。